趣味

セスナ操縦体験(小型軽飛行機)オレゴンより♪

スポンサーリンク

こんにちは。

今日もハオイーのつぶやきにお付き合い頂きありがとうございます。

さて、本日のお題は「セスナ」そうです。小型飛行機のことですな。私は20年以上前にセスナ免許を取りたくてアメリカ・オレゴンに旅立ちました。とは言ってもそのときは会社員、はい、いまも会社員。連休を使って年間3回くらい行きましたかね。あの頃は楽しかったですね~。

さて、おっちゃんがセスナに興味を持ったのは会社に入る直前、

そう就活中のときでした。大学で学んだことを生かして就職、そんな考えは全くなく、仕事にするなら・・・、と考えていたところ何かの雑誌でパイロット募集!を発見。

飛行機の操縦が仕事、ん。これいいかもしれない!
と気軽な気持ちで興味を持ちました。

でもイロイロ調べていくと、その時のおっちゃんには無理ということがわかりました。というのもパイロットになるにはとても健康でなくてはいけないのですね。そして私は身体測定で「視力」が問題になりました。

スポンサーリンク

はい、当時は1.0~1.2くらいの視力がないとアウト
当時の視力は0.〇〇くらい、チン!川 ̄_ゝ ̄)ノ

視力回復センターとかイロイロ考えましが、それなら趣味でやろうと決めまして。

普通に就職してから連休のたびにオレゴンにいっては飛んでました。始めるにあたりパイロット養成学校みたいのをいくつか尋ねて説明を聞きました。

私はその中でアビアフライトスクールを選びました。
※現在は「オノアビエーション」に変わっています。
当時とても円高で海外行くのはとても有利だったと記憶してます。

訓練を行った場所はアメリカ・オレゴン州・コルバリスという小さい町。ここの学校はプライベートエアポートを持っていて訓練はガンガンできます。あえて日本で訓練せずにアメリカなど海外で訓練する理由が費用です。

アメリカでの訓練は当時、セスナ152ですと1時間日本円で5000円ほどでしたが、日本で同じ訓練をしようとすると、ななんと!1時間50,000円でした。こんなん、払えません。

またヘリコプターになるとアメリカで訓練しても1時間50,000円。
本当に金持ちの道楽ですわ。たしかボンボンがけっこういたような・・・。

では次回はオレゴンでの訓練についてお話したいと思います。今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク