スポーツ

伊調馨と田名部コーチはできてるか?告発の裏に隠されたものとは?

スポンサーリンク

伊調馨さんへのパワハラ問題が話題を呼んでいます。
それ以外にも彼女のイロイロを調べてみました。

伊調馨さんのプロフィール

名前   伊調馨(いちょうかおり)
生年月日1984613日(現在33歳)
出身   青森県八戸市
身長166
大学   中京女子大学
職業   レスリング選手
所属ALSOK
引用:ウィキペディア

 

伊調馨が栄和人からパワハラを受ける理由は?

そもそも今回の問題、なぜ伊調馨が監督の栄和人からパワハラを受けていると報道されたのか?よくわかりません。

あれだけ金メダルを量産してきた師弟関係に何が起きたのか?
それは事は告発状から始まりました。

報道によれば伊調馨選手は日本協会の栄和人強化本部長にパワハラ行為を
受けていたとして、協会を監督する内閣府の公益認定等委員会に告発状を
送っていることが28日に報道で明らかになりました。
その内容とは簡潔にまとめると次のようになります。

・伊調が師事する田南部力コーチへの不当な圧力
・伊調選手の男子合宿への参加禁止
・警視庁レスリングクラブへの出禁処分
・伊調が師事する田部井力コーチへの不当な圧力

実際の告発状の一部の文面には、「明らかに伊調馨のオリンピック5連覇を阻止するという策動である。」という一文があります。
伊調馨選手が現在東京五輪を目指していて、彼女を五輪4連覇へと導いた
名監督栄和人氏がその東京五輪ヘの出場を阻もうとしているということのようです。
しかしなぜ、彼女を五輪へ導いた人が次の五輪出場を阻止するのか意味がわかりません。
そして伊調馨選手は所属するALSOKを通じて、この告発状には関わっていないと否定しています。

「報道されている中で、『告発状』については一切関わっておりません。
しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は
ご説明することも検討したいと思っています。
それ以外、お伝えすることはございませんが
私、伊調馨はレスリングに携わる者として
レスリング競技の普及発展を常に考えております」とコメントした
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000082-dal-spo

それがもし本当の事実だとしたら誰かが仕組んだ罠なのか?

 

告発状は誰が出した?

元々伊調馨選手はアテネ&北京でオリンピック連覇を成し遂げた後に、引退を考えていたようでしたが、結局姉の千春さんと共にカナダに留学、そして帰国後に栄監督がヘッドコーチを務める至学館大学から東京に練習拠点を移したました。

実はこれが今回の原因の根本にあるようです。この行動に対し、栄監督が激怒したあたりから徐々に亀裂が入っていったように思われます。

その後、伊調馨選手は男子レスリングのヘッドコーチだった田南部力氏からの指導を受けることとなったのですが、これに対しても栄監督は田南部氏に馨さんの指導を辞めるように忠告していたらしいです。

こういった少しずつの問題が今回話題になっている「パワハラ」までに発展したのではないかと考えられます。告発状で被害者として名前が挙げられているのが、伊調馨選手のほかに、その担当コーチの田南部力氏の名前が上がっています。ここから予測できる告発者というのはこの田南部力氏コーチかもしくはそれに近い関係者ということになるのではないでしょうか。

 

告発状を出した理由とは?


今回、勇気を振り絞って告発状を内閣府の公益認定等委員会に提出した理由がとても気なります。そこまでする必要がどこになったのか?その理由として考えられるのが、

『伊調馨選手がパワハラ的な要素で練習できないこと』
『警視庁の練習への出入り禁止』
『伊調馨選手の指導していた田南部力氏が警視庁のコーチから外された』

とイロイロありますが、伊調馨選手のレスリングに関わる事について強い圧力が働いているとの心配からの告発状が出されたようです。
伊調馨選手がこれほどのパワハラを受けていると、当然周りも気が使いないわけがありません。関係者であれば誰が告発状を出してもおかしくない、そんな状況であったのではないかと推測されます。実際、『とくダネ!』に出演したB氏によれば、

「五輪で5連覇できる選手って伊調選手しかいないわけですよね
この東京五輪で。そうなった時に、それをなぜ自ら協会のそういうパワハラの下でつぶしていいのかと。
応援をサポートする意味で告発に踏み切りました」と。

なんとかしてあげたいとの気持ちも分かります。
さらに『とくダネ!』ではB氏によれば、「パワハラがあったことは事実として、ここで断言できます」と明かしていました。

女子レスリングでは世界一霊長類と言われた吉田沙保里選手の影に隠れてしまったいた伊調馨選手ですが、これだけの実力者、本当に他いはいないと思うので、是非東京オリンピックでも金メダルを取って5連覇を成し遂げてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

 

伊調馨選手の性格は?

伊調馨選手の名言集を見つけたので、その中で彼女の一面を垣間見ることができます。

「勝つためなら負けもありだと思います」
勝つために徹底的にトレーニングをする、しかしときには負けることも自らを鍛えることになるという意味でしょうか。

「リオに(今は亡き)お母さんを連れて行きたい」
両親をオリンピックに連れていくなんて、本当に親孝行娘です。
とても心のやさしい彼女なのでしょう。

「ワインなどを時々飲みますが、「いい練習ができたから、自分へのご褒美」というよりは、「今日もイマイチだったけど、明日もがんばろう」と自分を励ますお酒ですかね。だから、外で食事をするときは、楽しくが基本です」
精神的に強いのですね。なんでもポジティブシンキングに捉えることができる、それが彼女の強み、金メダルに繋がったでしょうか。

「普通に結婚して、普通に子供を産んでというか、普通の家庭にあこがれますね。やりたいこと海外旅行をしたいです。世界1周旅行とかをしてみたいです」
はやり彼女も普通の女の子。でも今はレスリング一筋、これからが楽しみです。
また、女子レスリングの選手のたいていは父親が選手やコーチだったり、家で道場があったりと、小さい時から家族ぐるみで競技に励んでいたと思います。
先輩によく世話になったり後輩の面倒をみたりすると良い人間関係を築くことが出来るので性格にも出てくる気がしますね。

伊調さんは外見も普段は普通のOLさん風のようで、伊調千春さんの妹で、インタビューなどでもよく「千春のためにも」「千春と一緒に」と無邪気にお姉さんの名を連呼していたのが印象に残っていますよね。
ここからも姉思うのやさしい彼女であることが伺いしれますね。
今回の一連の報道で少し心配になってしまいますが、是非、応援していきましょう!

 

201846日追記:結局、栄監督が強化本部長を辞任した。第三者の弁護士による聞き取り調査の結果、伊調選手や田南部コーチへのパワハラ認定された。
2018811日追記:
・栄和人前強化本部長による伊調馨へのパワハラ疑惑問題について、日本レスリング協会は10日、伊調選手と面談して正式に謝罪したことを発表しました。そして伊調選手は「お詫びと今後の改善策についてご説明をいただきました」と説明しました。

 

スポンサーリンク